住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

二世帯住宅を考える

医療水準の向上の現在、平均寿命が延びて、親世代も長寿になり高齢者社会とも呼ばれる昨今ですが、それに伴ない家を二世帯住宅にリフォームすることが増加しているようです。
親世代と子ども世代が一緒に住むこの形式にはいくつかのタイプがあります。
まず、完全分離タイプですがこれは玄関、キッチン、浴室、リビングなどすべてを別々にする形式の住み方です。
それぞれの世帯のプライバシーを尊重することができるので同居することへの抵抗感がある人にとってはよい方法です。
しかし、その反面親子が疎遠になりやすいというデメリットもあります。
一部共用タイプはリビングなど特定の空間は共有し、基本的な生活空間を分離するという方法です。
この形は食事、入浴などの時間のずれを気にすることなく、日常のコミュニケーションを保つことができるという利点があります。
完全同居タイプは一軒の家に二つの世帯が同居するという方法です。
この形態は二つの世帯が親しく暮らせるというメリットがあります。
しかしその反面、それぞれのプライバシーを保つのがたいへん難しいというデメリットがあります。
自分の家族にはどのタイプの二世帯住宅が適しているのか、十分に検討する必要があります。
やはり、家族の全員が率直に意見や希望を出し合って十分に話し合うことが不可欠です。
二世帯住宅のリフォームには多大の資金と時間が必要です。
できるだけ希望をかなえる形での二世帯住宅を実現したいものです。