住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

シックハウス症候群とは何

最近ではシックハウス症候群という言葉をよく耳にするようになりました。
せっかく家を新築したり、リフォームしたりしたのに、生活をはじめたとたんに体調不良を訴えることになるケースが少なくありません。
それは本当に残念なことです。
シックハウス症候群とは、室内での空気汚染に由来する健康障害の総称です。
昔の住宅には窓から隙間風が入ったりしていましたが、今の建築物は高気密、高断熱です。
新建材と呼ばれる化学物質が使用され、そこから出る物質が室内に蔓延して健康被害をもたらすようです。
また、新建材だけではなく、家具やカーテン、じゅうたんからも化学物質が揮発します。
最近では以前と比べてアレルギー体質の人が増えていることも、シックハウス症候群の増加に関係しているようです。
シックハウス症候群の症状としては、頭痛、めまい、眠気、集中力の低下、記憶力の低下、耳鳴り、平衡感覚の異常、不整脈、しっしん、じんましんなど多岐にわたります。
症状に大きく個人差もあり、ある場合自律神経失調症や更年期症状、または精神疾患と間違われることもあるようです。
シックハウス症候群についてはまだまだ原因やメカニズムが分かっていないことも多いようです。
それでも、新築やリフォーム後の住宅に住み始めて室内にいるときにこれらの症状が強く出たら、シックハウス症候群を疑って受診してください。
適切に対処して少しでも症状を和らげることができるかもしれません。

お役立ちサイト