住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

シックハウス症候群を防ぐには

最近増加しているシックハウス症候群では、家を新築したり、リフォームしたりして入居後、頭痛がする、のどが痛い、目がちくちくするなどの症状があらわれています。
主に新建材による空気汚染や住宅の気密化が原因とされています。
しかし、せっかく楽しみにしていた新居に引っ越したとたんこのような症状があらわれてしかも、日常生活に支障をきたすとしたらそれは本当に残念なことです。
しかし、このシックハウス症候群を防ぐ方法もあるのです。
ここではそれをご紹介していきましょう。
まず、家をリフォームしたり新築したりするさいには、有害な化学物質の含まれる建材の使用を避けることです。
近年シックハウス症候群が大きく取りざたされるようになってからシックハウス症候群の原因になる化学物質ホルムアルデヒドを使用しない接着剤を使用したり、その物質を最小限に抑える建材を使えるようになったりしました。
極力そうしたものを使用するようにしましょう。
また、換気がとても大切です。
換気扇や扇風機の利用で風の通り道を作りましょう。
窓をあけて、その窓と対角線上の一番遠くにある窓をあけましょう。
こまめの換気がシックハウス症候群の症状を和らげることができる可能性があります。
さらに、室内のホルムアルデヒドの濃度は季節によっても違います。
気温や湿度が上がる夏にはその濃度が高くなることが多いようです。
夏はとりわけ換気をよくしましょう。
冬場も、閉め切った室内で暖房をつけた状態が長くなると温度が上昇してホルムアルデヒドが放散されるといわれています。
冬にもこまめな換気が欠かせません。

お役立ちサイト