住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

注文住宅にする?建売住宅を選ぶ?

一生の大きな買物になるのが夢のマイホームです。
最近はオシャレで高機能なマンションも次々と建設され、マンション人気が高まっていますが、まだまだ「一戸建ては憧れ」と言う人は少なくありません。
やっと念願かなってマイホームを購入するにあたって迷うのが注文住宅するか、それとも建売住宅にするかということでしょう。
建売住宅は、すでに建物が建っている状態、もしくは、未完成の状態で購入する住宅のことで、注文住宅の場合は土地を購入し建物を建築士にお願いして設計し建ててもらう住宅のことです。
注文住宅は建築条件無しの土地を買い建築請負契約を結ぶか、建築条件付き土地を買い築請負契約を結ぶ場合があります。
建築条件付き土地とは、土地の所有者が指定した施工会社と決まった期間内に家を建てる契約を結ぶことが条件になっている土地のことで、あらかじめ住宅の建築プランが決まっていて、あれこれと注文が付けられない場合もあります。
また建売住宅の場合は、建築済みの住宅はもちろんのこと、未完成の場合でも建築確認申請が済み審査も済んでいるので、こちらの希望通りの設計に変更するのは難しいでしょう。
建売のほうが安いのでは?というイメージが強いのですが、注文住宅でも最初に予算をきちんと伝えておけばその範囲でコントロールしてもらうことができます。
理想的な家に巡り会えば建売でも良いでしょうし、どしても「こうしたい!」というこだわりがあれば、その夢を叶えてくれる注文住宅を選ぶのもおすすめです。