住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

注文住宅のメリット

理想の住宅を手にいれたい!と強いこだわりを持っている人にはぴったりなのが注文住宅です。
素敵なパティオ付きにしたい、遊び心のあるロフトを作りたい、家族全員の顔が見れるようにリビングは仕切り無しの開放感ある空間にしたい…など、自分達のこだわりを反映することができます。
基本的には色々と変更することのできない建売とは異なり、注文住宅の場合は内装や外装も好みのデザインにすることができます。
またデザインだけではなく、キッチンやバスルーム、トイレなど設備も自由に選ぶことができます。
さらに、注文住宅の場合は今住む住宅のことだけではなく、将来的に子供が大きくなったら広い部屋を2つの部屋にしよう、バリアフリーに対応できるようにしようなど、先のことも考えて設計することができます。
そのように自分の望む理想的な家を手に入れることができるのが注文住宅のメリットです。
反面、デメリットとしてはすぐ現物を見て住んでいることを想像したり、日当りや風通しなども確認できる建売と違って、出来上がるまでは仕上がりを見れないことでしょう。
また土地と建物が一緒になっている建売の場合は住宅ローンもまとめて早く組むことができますが、注文住宅の場合はある程度の手間とつなぎ期間の融資の利息がかかるのがデメリットと言えるでしょう。
また契約後のローンの審査が住めばすぐに入居できるのは建売住宅ですが、注文住宅の場合は家が完成するまでの住宅を確保しなければいけないので早めに計画を建てることが大切です。