住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

イマドキの二世帯住宅事情を知りたい!

親子二代が一緒になって暮す二世帯住宅は、その家族によっても理想は異なります。
でも大切なポイントは、お互いにきちんとプライバシーを確保できるように生活ゾーンはきちんと分かれていることと、一緒に生活を楽しむ空間を持つことでしょう。
例えば若い夫婦は2階、おじいさんおばあさん世帯は1階にして寝室やキッチン、トイレは別々に造り、全員が集まって食事をしたりテレビで映画鑑賞をしたりする大きなリビングは庭に面して設けるなどすれば、プライバシーは保たれながらも気持ち良く交流することができます。
昔は台所もお風呂もトイレも一緒という暮らし方が一般的でしたが、料理や洗い物の仕方が世代によって異なったり、のんびりとお風呂に自分のペースで入れないな、どうしてもお互いに不満が溜ることが多く、それが原因で深刻な嫁姑問題に発展することも少なくありませんでした。
無理に何でも一緒にするのではなく、一番プライバシーを確保したい部分は最初からきちんと分けておいたほうがお互いに気持ち良く暮すことができるのです。
イマドキは最初からそう割り切って上手に生活を送れる住宅造りを考える人が増えてきたのです。
また最近では現在の居心地の良さだけではなく、将来的には一つの世帯を賃貸住宅にすることで安定した年金のような収入を得ることもできます。
二世帯住宅を作る時には、そのように将来的なことも考えて時間に余裕を持ってじっくりと計画を練ることが大切です。

お役立ちサイト