住宅作りの基礎知識

住宅作りの基礎知識

失敗しない家づくりのために心がけたいこと

自分の家を持つ!と決め、金額的なこともメドが立つとどうしても家やインテリア関係の雑誌などを見てイメージばかりがふくらみがち!
でも、大きな買物である家づくりで失敗しないためには、綿密に計画を立て段取りよく進めることが大切です。
また、なんとなく流されずに自分達でも色々と家づくりのことを調べ、予備知識を仕入れることも重要です。
心がけておきたいことは、建築家や施工会社に家をお願いする時には、過去の作品や実例をきちんと見せてもらいましょう。
また契約をした後にあれこれと不満や変更がでないように、契約する時には事前に業者に伝えたい希望はきちんとまとめておきましょう。
口頭の約束ではなく条件などはすべて文章にしてお互いに確認できるようにしておきましょう。
そして工事中の変更は現場の職人に直接伝えるのではなく、必ず設計事務所や施工会社などに先に伝え、料金の増額などを確認しておきましょう。
さらに満足のいく家づくりのためには、設計やデザインをする人と施工業者とのコミュニケーションを計りいい信頼関係を築きましょう。
できるだけ設計図面を見て、わからない部分は調べて理解するようにすると進行具合も把握し易くなります。
できるだけ現場に足を運び、できあがる課程を見るのも注文住宅ならではの楽しみ方です。
さらに工事終了時に行う濠や門、車庫などの外構を含めた竣工検査には必ず立ち会って、どんな仕上がりになっているのか自分でしっかりと確認することも重要です。

お役立ちサイト